りんご7976は冷蔵庫で保存した方が甘くなる?どうやって保存すればいいの?

りんごはスーパーでも常温で販売されていますので、常温保存ができるのは知られています。しかし本当は冷蔵保存がオススメです。その理由は、温度が低いとりんごに含まれている果糖がアルファ型からベータ型に変わるため、食べるとさらに甘さを増す、という性質があるため、常温保存をしておくよりも冷蔵庫で保存した方が甘くておいしいりんごを食べることができるからです。けれど、冷蔵庫でりんごを保存するときには必ず「ビニールに入れて口をきちんと閉じておく」というひと手間をかけるようにしましょう。りんごは生きていますので呼吸をするのですが、その時にエチレンというガスを出してしまいます。まだ熟していないキウイやバナナをりんごと一緒にしておくと熟して早くおいしく食べられることになるといわれていますが、エチレンは野菜や果物の熟度のスピードを上げる働きがあります。そのため、一緒に保管しておいた野菜などが早く傷んでしまう可能性がありますので、エチレンが漏れてしまわないようにビニールに入れて口をきちんと閉じておいてください。品種や冷蔵庫の温度設定にもよりますが、この方法でりんごは2~3週間はおいしく保存できるようになります。

りんご7976に含まれているポリフェノールについて

りんごに含まれているポリフェノールの種類は100種以上であり、それらを総称して「リンゴポリフェノール」と呼ばれています。リンゴポリフェノールには高い抗酸化作用があり、体内の活性酸素を抑制するので生活習慣病や老化などを予防してくれます。 また、血中脂質の酸化も防いでくれるので、動脈硬化などの血管で起こる病気も予防することができます。健康やアンチエイジングの為にリンゴポリフェノールを活用してみてはいかがでしょうか。