りんご7976の皮には栄養があるのでよく洗って食べましょう

りんごは、果物の割には意外とビタミンは少ないのですが、ミネラルのカリウムやペクチンやセルロースなどの食物繊維が豊富です。カリウムは血圧を下げる働きがあり、ナトリウムの排出を促進してくれます。食物繊維は、特に女性の大敵である便秘に効果的です。腸内の乳酸菌の増殖を促進するので、腸の働きを良くしてくれます。さて、りんごの皮ごと食べると農薬が心配な方もいるでしょうが、りんごが大きくなってくると袋で防御しますのでそれほど農薬の心配はいりません。食べる前に洗えば良いだけです。りんごの皮には豊富な栄養が含まれています。まず、今話題のポリフェノールが豊富です。更に、免疫力を高める作用があるエピカテキンがあります。また、アレルギー改善や女性には嬉しい美肌効果のあるプロシアニジンも含まれています。最後に、高血圧の予防や視力の改善に効果的なアントシアニンも含まれています。このようにりんごの皮には中身にはない貴重な栄養が多くあります。丸かじりするのも良いのですが、それでは食べにくいという方はナイフなどで皮ごと小さくすれば食べやすくなります。また、小さく刻むようにすれば歯があまり丈夫でない方も皮ごとのりんごを味わえます。

長く保存したい!りんご7976の正しい保存方法とは?

りんごを長期間保存するためには、常胃に0~5度くらいの冷暗所においておくと良いでしょう。冷蔵庫の野菜室などが最適ですが、野菜などを仕舞っておく倉庫などでも良いでしょう。 また、りんごは乾燥に弱いので、新聞紙やポリ袋などに丁寧に入れ、口をきちんと縛ってから冷蔵庫に入れると良いでしょう。そのまま入れてしまうとすぐに乾燥をしてダメになってしまいます。りんごにとって、80パーセントくらいの湿度が最適だと言われています。